家庭用でおすすめできる蓄電池は太陽光発電もできるデュオポリマー

家庭用でおすすめの蓄電池は自宅でも外出先でも気軽に使えるバッテリーが今一番必要です

私達が生活の中で現在、あたり前に使用している電気。当たり前すぎて一番ありがたみを感じにくい電気でもあります。

ただし災害、補正工事、オートキャンプ、野外での作業など、電源を確保できないケースが発生したらどうでしょうか。ひどく不便に感じるでしょう。

どの家庭用蓄電池が良いのか?と迷っている方に一番重視してほしいのが

  • それなりの消費電力が使える蓄電池なのか
  • 電気を発電&蓄えることができるか
  • 万が一の時に持ち運びも可能なのか
  • ガスやガソリンなどの燃料が不要でも使用できるか
  • バッテリー容量が多いのか

この5点です。

それらをすべて叶えられるモバイル蓄電池が「デュオポリマー」です。

蓄電池、モバイル、大容量すべてを兼ね備えたバッテリー

【持ち運び可能】 【ソーラパネルでも充電可能】 【大容量バッテリー】 【シンプルで使い易い】 全てを兼ね備えてます。

電気がシャットアウトされた時にこそ、必要で重要視される蓄電池

日本全国で災害を経験された方にアンケートを実施しました。そこで一番利用できなくて不便と口を揃えて答えたのが「充電が出来ず携帯電話で連絡が取れない」という答えでした。

→ アンケート調査結果(PDF)

災害時の状況

そして今後災害が起きた時にあると助かるという問いに対しても「充電できる設備がほしい」「自家発電ができる施設」「発電機が必要」と言う答えも多かったのも事実です。

多くの人が予期もしない事態に巻き込まれた際には誰かに連絡する手段、手助けを求める為のツールが一番必要と感じているということです。

蓄電池はいざという時に自身で発電できるデュオポリマーを家庭用として常備しておいて損はなし

もしも停電が起きた場合にスマートフォンはだいたいは1日で充電が切れていまいます。また、モバイルバッテリーを用意していたところで、1、2回の満充電ができればマシな方です。

ただし、それ以上に停電が続くことも今の日本なら普通に考えられます。また、ただひたすらバッテリーを減らさないことだけを考えなければなりませんがそれはなかなか無理でしょう。

デュオポリマーなら満タンの充電を行っておけば最大200回もスマートフォンの充電を完了させることができます。
コンセント次第で一気にスマホやタブレットが充電可能

また、燃料などは必要なく停電時でも太陽光を使い充電し繰り返し使用することが可能な蓄電池です。

蓄電池でよくあるのがガスやガソリンを使用した発電機タイプ。屋台などでも見かけます。

ガソリンを使用した発電機は燃料を消費する

この発電機タイプの場合はガソリンやガスの燃料が切れた場合には使用することができなくなりますし、重量もあり持ち運びも気軽に行えません。

デュオポリマーは燃料が必要なくリチウムイオンバッテリー為、軽量、そして繰り返し充電しての使用が可能となっています。

デュオポリマーは大容量バッテリーで家電製品や電子工具も利用可能

デュオポリマーは最大出力が500W、1400whの大容量をのスペックを誇り、テレビや電球はもちろん、家庭用電化製品や電子工具機器なども難なく利用できます。

デュオポリマー蓄電池は大容量バッテリー

  • テレビ:18時間
  • パソコン:30時間
  • LED電球:160時間
  • 扇風機:35時間
  • スマートフォン:200回充電
  • 電動ドライバー:5時間

上記はほんの一例ですが、キャンプやレジャー、アウトドアとしての持ち運び利用することも可能です。また、デュオポリマーは通常コンセントを利用できますし、電源タップを利用すれば同時に複数の電子機器を接続することも可能です。

複数の充電や電気の利用が可能な蓄電池

※写真では照明、パソコン、タブレット、スマートフォンをすべて接続している例です。
※一部ドライヤーなどの500Wを超える電化製品の場合は使用できません。

停電が起きた際にはコンセント接続にて夜を照らす照明なども使えます、そしてテレビにも接続を行えばニュースなども見ることができます。もちろんスマートフォンや携帯電話でワンセグを見る際にもバッテリーを消耗するため、そのスマートフォンや携帯電話の充電として利用することもできます。

デュオポリマーは持ち運びバッテリー(電源)としても活躍する

デュオポリマーの良い点として比較的持ち運びも可能な重量(13kg)で車に積んで持ち運びをすることもできるため、車での長期移動やアウトドア、そしてオートキャンプなど、電源を利用できない場所に移動した際にも通常のコンセントとして使用することも可能です。

持ち運びも手軽な家庭用蓄電池

もちろん女性でも持ち運べる重量ではあります。またサイズもコンパクトなため車の中に予め積んでおくのも良いと思います。

寒い冬は暖をとれるカーボンヒーターなども500W以下の出力のものであれば利用ができますので、予備で持っていると非常に役立つと感じます。

デュオポリマーの仕様について

デュオポリマーは蓄電池バッテリー本体と充電用の太陽光パネル(ソーラパネル)がセットになっています。

デュオポリマーの本体価格とスペックについて

太陽光パネルとバッテリー本体セットで販売しています

26万円(税込) すべて完売致しました

  • モバイル蓄電池(デュオポリマー本体)
  • 充電用ソーラーパネル
  • 充電コード(電源用)
  • 充電コード(ソーラーパネル用)

※送料はお客様負担となります。→送料について(ヤマト運輸)

スペックは以下になります。

型番DP-S1500
バッテリー容量1400Wh
出力周波数50/60Hz
AC出力コンセントAC100V/1個
DC出力コンセントAC100-240V/1個
充電時間7時間
充電時の電流6A
ソーラーパネル充電電圧DC18V以上
寸法L405×W215×H261mm
重量12kg

蓄電池は節電として家庭では利用を考えている方もいますが、万が一自宅を離れなければならない状況に立たされた時の持ち運び電源としても利用できるデュオポリマーは非常におすすめできる蓄電池です。

購入・ご相談は 03-6380-9623 まで。もしくは問い合わせフォームより問い合わせください。

販売会社:株式会社イースタジアグループ

株式会社イースタジアグループは熊本大震災への義援金寄付により、熊本県より感謝状をいただきました。
kansyajooujpg

家庭用蓄電池「デュオポリマー」に関するよくある質問

本体を充電にてずっとコンセントに挿しっぱなしにしてしまっている場合、過充電もしくは本体自体に影響はないか?
蓄電池本体には、満充電時の再充電を控えいただくようお願いします。また、表示ランプ4つ点灯しましたら、充電満了になります。もし頻繁に再充電しますと電池の寿命を低下の原因になります。また、残用量0%時のご使用を控えてください。
満充電後に保管場所へ収納しているケースを考え、どれくらい保管しておいても充電は保たれますか?(1ヶ月、半年など)
実証結果では大体3ヶ月〜半年ほどは満充電でも充電は保たれています。ただし、満充電後の長期保管に関しては1年に2回以上は満充電までの補充充電を行ってください。
夏など車内・倉庫内に長期放置している場合、あまり高温場所に設置しておくのは良くないと思いますが、最大何度以上の温度での保管は良くないでしょうか。またそれを行った場合、破裂などの危険性はありませんか?
0~45℃の使用温度範囲内での充電・使用・保管してください。(使用温度範囲外だと寿命の低下の原因となります)
本体自体の破損、発火などの危険性が発生する恐れがある取り扱い方はどのような使用方法で考えられますか?
本製品は安定な場所に置くようにお願い知っております、または床に落としたり、強い衝撃を与えたりすると壊れるまたは発火する恐れがあります。(特に、取扱説明書の安全上のご注意 喚起をご覧になってください)
取扱で絶対にやってはいけないケースを出来る限りだけ例としていただけますか?
基本的には正常の取り扱い範囲内のご使用であれば問題はないです。

①防水ではないので、水かけたり雨に濡れる場所へ置かないようにしてください

②濡れた手で触ったりすると感電の恐れがあります

③本体内部にはファンをついておりますので、換気の良いところに置いてください。(ほこりまみれのところは故障につなぐ恐れがあります)

④タコ足配線お控えください。電気製品の使用には問題ないのですが、例え最大出力に越えなくても蓄電池自身には負担かかりますので、寿命低下の原因となり
ます

⑤太陽光パネルと接続充電作動をしている時には、太陽光パネルからは直流電ですので、安全上のためできるだけ、パネルと一定距離を保ってください

また取扱説明書にも記載しております

購入・ご相談は 03-6380-9623 まで。もしくは問い合わせフォームより問い合わせください。

関連記事

  1. モバイル蓄電池【DuoPolymer】の料金

  2. 災害時に長い間電源を確保でき、持ち運びも可能なバッテリー