災害時に長い間電源を確保でき、持ち運びも可能なバッテリー

日本は自然災害が多い国としても有名です。例として、台風、大雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火など、他国と比べても非常に多いです。

日本で起こる被害の割合参考:国土技術研究センター

そして度々悲惨なニュースも目の当たりにしている私達がそれに関しても最も認識しているはずです。

災害時に必要になるものは??

災害時、避難の際に避難場所で今まで通りの環境を保つためには

  • 食料・水
  • 医薬品
  • 日用品
  • 衣類
  • 携帯電話(連絡手段)

この中に私たちの便利な日常の暮らしの中で災害が起こった際にも上記と同様必要なものがあります。それが電気です。

電気が災害時に必要

避難先に何日も滞在しなければならない状況に陥った場合、停電が起こっていたらどうでしょう。

連絡手段と言われる携帯電話でさえ、スマートフォンに時代になってから1日でバッテリーを消耗し使えなくなります。

実際に災害に遭われた方にアンケートを実施したところ、一番必要なのは「食料」「携帯電話の充電」と答える人が大半でした。

アンケート調査結果↓
https://duopolymer.com/questionnaire.pdf

携帯電話の連絡手段を絶やしてはいけない

もちろん、電気を確保できるのがあれば夜に明かりを灯したりもできます。安全な場所なのかも把握することもできます。

停電時に発電機を使うケースも多いですが、発電機の燃料となるガソリンをすぐに調達できないケースもあるかもしれません。

デュオポリマーはソーラーでも発電でき、持ち運びも可能な電源

電源を確保する

持ち運びもできる長時間電源が利用可能なモバイルバッテリーが現在は色んな方が ”万が一の備え” として用意しています。

もしも災害が起きて停電がおきたら、コンセントが使えません。また小型なバッテリーを持っていても数日も続く停電なら再度充電することができなくなります。

災害用の電源バッテリーは持ち運び可能な方がよい理由

そうならないために、これからの万が一のための備えとして災害時の電源のことを今一度考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. モバイル蓄電池【DuoPolymer】の料金

  2. 家庭用でおすすめできる蓄電池は太陽光発電もできるデュオポリマー