キャンプ泊、アウトドアの電源確保にソーラー充電も可能な蓄電池

オートキャンプやアウトドアの電源を確実に確保しよう

オートキャンプは電源供給をできる場所から離れた自然の場所で行うことが多いです。

有料で正規のキャンプ場を予約してキャンプを行う場合は電源を用意されているケースはありますが、海で釣りを行うなどのアウトドアなどでもいざ電気を使う時に電源を引っ張ってくるのは困難です。

オートキャンプでの様子

コンパクトなモバイル電源のデュオポリマー

持ち運び可能な蓄電池バッテリー
車で行くオートキャンプやアウトドア、宿泊などにデュオポリマーは非常に役立つ味方です。

また発電機のように音も静かなため、車から離れて静かな夜にランプを照らしのんびり焚き火をするのも可能です。

車のバッテリーを使うこともありませんし、わずか12キロという重量で車内のリアに乗せておいても邪魔になりません。

長期間のキャンプやバッテリー切れを気にせず利用できる

ソーラーパネルで繰り返し充電も可能

大きなキャンプ場や野外で場所を貸し出ししている団体でも電源を用意している場合もありますが、立地によっては電源供給を用意していないケースもあります。

また車などテントなどで連泊などを行った場合であってもDuoPlymerなら日中は太陽光パネルで充電し、繰り返し電気を使うことも容易です。

最大500Wまで対応の家電ならどれでも使用可能

寒い日はカーボンヒーター(500W以下のもの)や、テント内での電気カーペット、またスマートフォンなどの充電。LED電球などあらゆる電気の利用が可能です。

連泊する場合はどうしても長期に渡り電源が必要なケースも多くなるので、そういう時にデュオポリマーは活躍できる強い味方となります。

料金やスペックについて↓