電源確保が難しい場所での現場作業にも蓄電池は役立つ

工事現場でも人気の蓄電池デュオポリマー

リフォームや外での工事現場など色々と電動工具を使うとなると電源の確保が必要になってくるケースがあります。

電動ドライバーなども使用可能

バッテリー式で動く電動ドライバーなどであればいいのですが、通常のコンセントを用いて駆動するジグソー、インパクトドライバー、丸ノコ、サンダーなどある程度大きなものを裁断や整える機材はそれなりの電力が必要なケースも多いです。

コンセントを引っ張ってこれる場所であれば問題ない話ではありますが、そうでない場所での作業では発電機などを用意する現場もあります。

現在は工事現場向けにもどんどんリチウムイオン対応の電池が利用される時代になってきています。理由は発電機だとガソリンを燃料として使用するため、どうしてもコストがかかってくるためです。

多くの場合は「仮設電源」が配置されているパターンがありますが、仮設電源が用意されていないケースあり場所によっては電源を確保できないこともあります。

電源を確保できない場所での工事現場ではデュオポリマーや役に立ちます

コンパクトな業務用バッテリーとしても活躍する

大掛かりな現場での利用なら大体は電源を確保できますが、場合によっては電源を確保できない現場での仕事を行うこともあると思います。

そんな時に車に積んで気軽に持ち運べるモバイル電源としてデュオポリマーはおすすめできます。今では工事現場用にポータブル蓄電池を貸出する業者も多くなってきているのが事実です。

現在では発電機やモバイル電源をリースにて貸し出している企業様も増えているため、繰り返し充電して長時間利用できるデュオポリマーを検討される方も増えてきています。

持ち運びができる電源・蓄電池の概要